2013年 03月 10日 ( 2 )

Runへ

Runちゃん どうしてますか?

お別れしてから お母さんは淋しくて淋しくて 

Runの声を聞きたくて Runを抱っこしたくて たまらなくなって

Runがいつも座っていたイスの横に座り 泣いていたら

Cocoちゃんが 心配そうに 私の様子を見に来るの


Runとお別れした後に これからはRunの分までCocoを可愛がろうねって

子供達と話したばかりなのに Cocoに心配かけてるね

e0247674_22153858.jpg


先週の土曜ににRunの具合が悪くなってから 先生に Runの命は 後3日と言われた時

覚悟してたんだけどね  それからずっと涙が止まらなくなってしまって

目が腫れて凄いことになっていて 一週間お化粧できず メガネとマスクでごまかしてたんだよ


どれだけ出てくるんだろうね 私の涙
e0247674_22214237.jpg


何のとりえもない こんな私のそばに いつもいてくれて 

私は本当に 幸せだった  いまつくづく Runの存在の大きさ大切さを 感じている



だから今の私は 体のどこかが もぎ取られたような 感覚

長崎弁で言う なんか すーすーすっと


でもいつまでも くよくよしてはいられないんだよね  

だって Runが心配していた りんちゃんの大学入学の準備をすぐ始めないとまにあわないから

私がボーッとしてられないように あの日を選んでいっちゃったのかな・・・


見守っていてね  泣き虫お母さんを



e0247674_13545733.jpg

                                        3ヶ月の頃 まだ真っ黒だね 悪そうなお顔





  
[PR]
by runiz | 2013-03-10 22:36 | Runの記録

おわかれのとき

Runを囲んで

家族みんなで 笑ったり 泣いたりしながら 思い出を 夜通し語り合った

娘も 息子達も  Runを たくさん撫でてくれた



まるで りんの合格を 確認するまでは 元気でいようって おもっていたかのようだったねって

言っては またみんなで涙・・・



りんが 愛おしそうに Runを撫でる姿が  涙を誘う


嬉しい発表の日を 選んだRun  








Runは りんが予備校から 帰ってきたら


毎日玄関まで迎えにいき お弁当箱を受け取って 台所まで 持ってきてくれてたね

りんの事 応援してたんだもんね

きっと安心したんだ

 







3/8 2時からの合格発表の結果がわかってから  様態が急変した


それから 5時間後に 息絶えるとは・・・





でも 救いは 安らかに眠るように逝ってくれたこと

この5ヶ月間 寝込んだ事はなかったし 毎日食事もできた



最後の水も自分で飲みに行った トイレも頑張って自力でいった

何一つ 私達の手をとることもなく

             最後まで おりこうさんだった





6時ごろから 呼吸がかなり きつそうになってきた

                楽なようにと横にして寝せていた






亡くなる30分くらいまえだったろうか

 急に起上がり 大好きなおとうしゃんのおひざまでヨロヨロと歩いて行き 寄り添った


                             そんな力は残っているはずないのに・・・・



それから最期までは おとうしゃんの腕に抱かれて 見つめ合い 幸せそうだった

おとうしゃんが もう がんばらんでもよかよ って声をかけた


Runはおとうしゃんをずっとみつめながら 


                   眠りに落ちていくように 静かに目をとじた












私の大事な大事な 可愛い可愛いRunが  逝ってしまった


                                  





e0247674_11465674.jpg


More
[PR]
by runiz | 2013-03-10 18:40 | Runの記録