2012年 06月 07日 ( 4 )

スッキリ



2012・6・3



法事の日 Runはカットへ


e0247674_2163299.jpg








                                 スタイルいいねってみんなからいわれたでしゅ                      
e0247674_2113553.jpg

[PR]
by runiz | 2012-06-07 21:21 | Runの記録

あま~い






今年も トウモロコシ いただきました









皮をむいて水から茹でます 


沸騰してから3分で出来上がり(^・^) ほくほく感 伝わってますか?
e0247674_2015443.jpg








アツアツをいただきました 甘くて最高(^O^)/





Runちゃんにも 少しだけ
e0247674_2028281.jpg







瑞穂からの贈り物 いつもありがとうございます053.gif
[PR]
by runiz | 2012-06-07 20:09 | その他

大村公園

     




   
2012・6・4



みっちゃん達を空港まで送った後

大村公園へいきたいという すうねえちゃんのリクエストにおこたえして

行ってきました







行って良かった 菖蒲の花が 七分咲きで とても綺麗でした 












                                             玖島城跡
e0247674_19574251.jpg














e0247674_2011955.jpg















e0247674_203308.jpg


















e0247674_2036415.jpg







出店も沢山 ありました


その中の 竹細工のお店にて すうねちゃんご愛用の滑らない箸発見 


とても使いやすくて 探していたそうで うれしいぃ~と感激




すべらないということで 受験生の長男にもプレゼントしてもらっちゃった 


ありがとうございます!! これで安心(^_-)-☆
e0247674_2055328.jpg





山葡萄のかごバックがとても素敵だった・・・・056.gifけど  お値段みてビックリ(@_@;)
[PR]
by runiz | 2012-06-07 19:58 | 家族

父と母をしのんで

                 




                   2012・6・3 


                     父母の17回忌でした



           当日までは 準備などでバタバタと過ごしていて ゆっくり思うことができなかったが





             終わってしまい ほっとすると いろいろと頭の中を思い出がめぐり 涙がとまらない  



          



e0247674_14103063.jpg









             肺癌を患った父を 家族みんなで 看病した日々のことが思い出される


             母は 毎日 朝からリュックを背負って 淋しがりやの父の元へかよった
             






             私たちは仕事を終えて 子ども達を保育園に迎えに行き それから病院へ行くのが日課だった  

             





            おじいちゃん来たよ~とベッドに走っていく子ども達を 


                               笑顔で迎えるやさしい父だった  




                 


               長男(当時3才になったばかり)は父が亡くなって 少し経った頃 淋しかったのだろう


                『おじいちゃんに会いたい・・』



                 おじいちゃんは天国にいるよって 答えたら


                     『僕も 天国に行きたい』と駄々をこね 私を困らせた




 

           

             その頃 次男を妊娠中のわたしは 自営業の仕事と妊婦ということで 思うように 看病ができず 歯痒い思いだった 


              どうして こんな時に 妊娠したんだろうと・・・ 





           このときに限った事ではないが やさしい義妹さんたちに どれだけ助けていただいたことか



                          今更ながら 感謝の気持ちでいっぱいだ 


                           何もできない兄嫁で 申し訳ない・・・・            











             父が亡くなり43日後に 次男が生まれた





             痛みが酷くなった父の背中をさすっていたとき 

             苦しくてたまらないはずなのに 私のおなかを撫でてくれた 


               元気な子をって・・・




    

             その時の あたたかな感触が思い出される 会わせたかった








          そんな次男の誕生を一番喜んでくれたのが 母だった

             次男は 本当によくかわいがってもらった






           母がお風呂に入っているとき 私は次男を寝かせつけてお茶碗を洗っていた


              少ししたら目を覚まし 泣き出したが 泣かせたまま

             自分の用事をしていたら 母は 泣き止まない次男が心配で

            裸のまま お風呂からとびだして 次男を抱きかかえたこともあった

           (この次男の泣き声は父親譲りで凄く大きいし とても悲しそうに泣いていた)







           母には お習字や お裁縫 お料理等 好きなことを沢山 楽しんで欲しかったのに



              得意の料理を教えて欲しかった  ほかにも教えて欲しいことがたくさんあったのに・・・









            なんか目のまわる・・


              原爆病院で検査すると なんと 白血病との診断・・・・



           どうして お母さんまで・・・・


                 


                このときも 次男がまだおんぶのころだったので 思うように看護ができず くやしかった事を思い出す


                また 妹さんたちに助けてもらった  








                    次男を自分の隣に寝せて 私の彼氏よ って看護士さんたちに紹介していた姿が思い浮かぶ





                食事の後の入れ歯磨きは争奪戦が毎回起こった


                大好きな おばあちゃんの入れ歯をみんなが奪い合った(^^)


                今日は私!!って 大事そうに 磨く 娘(6歳)の姿をみて



                  回りの方たちから 感心ね~ 普通は汚いっていやがるのにね~って いわれていたね


                





                  きっと 元気になって 退院できると信じていたのに・・・










            次男が1歳ちょっとで 父の待つ天国へいってしまった












   


             孫たちは こんなに大きくなりましたよ(たっくんとともくんは欠席)
e0247674_68732.jpg

                 これからも見守っていてください




e0247674_14181234.jpg




                                みなさん 大変お世話になりました 

                                         ありがとうございました
[PR]
by runiz | 2012-06-07 09:44 | 家族