検査結果

2012・1・05

骨髄塗抹診断書


所見

骨髄は末梢血により希釈されていますが、骨髄の細胞成分は比較的多く採取されており、正形成以上
の細胞充実度と考えられます。ME比は軽度に低下していますが、赤芽球系および骨髄球系とも十分な数が観察されます。巨核球系を含め、各系統の細胞には正常な分化過程が観察され、白血病などを示唆する芽細胞の増加は認められません。少なくとも骨髄の造血異常による好中球減少症は否定的であり、臨床徴候がみられないようであれば経過観察を行う必要があると思われます。


診断

正~過形成髄


コメント

今後、発熱などの臨床徴候が見られるようであれば、免疫介在性好中球減少症なども鑑別診断に含まれます。


診断医 M.T

東京都M市  I株式会社



   




       何か体にいいものをとおもい   ビッグウッドのこれを 毎食あげることにした

   
e0247674_2217895.jpg


          



           そしておやつも 添加物の入ってない物に 徹底することにした

e0247674_2217329.jpg
   
 

            
[PR]
by runiz | 2012-01-16 10:48 | Runの記録
<< 麟の挑戦 祝 成人 >>